私は小学生の頃からおまじないや占いが好きでした。
当時から子供向けのおまじない本が売られていましたし、ネットでは、今思えば投稿者が考えたオリジナルのおまじないが掲載されているホームページを毎日のように見ていた記憶があります。
高校生になって携帯電話を持つようになってからは、「好きな人と会える」「金運が上がる」というジンクスのある待ち受け画面が流行ったりもしました。
そんな私が最近「これは効果あるかも!?」と思ったものが、引き寄せの法則です。
きっかけは、図書館で見かけた1冊の本でした。
中には「引き寄せの法則を使ったら仕事が増えた」「出会うのはロクでもない人ばかりだったけど、引き寄せの法則で最高の一人に出会えた」といった実例が書かれていて、コストも手間もかからないからやってみようと思ったんです。
やり方は、起こってほしいことを考えるだけ。
ですが考え方にポイントがあって、ネガティブな言葉を使ってはいけないんです。
引き寄せの法則では良いことも悪いことも、頭に思い浮かべたことを引き寄せてしまいます。
たとえば「嫌な人と出会いたくない」と考えると「嫌な人」に意識が向いてしまうため、「素敵な人と出会いたい」と思わなくてはならないんです。
この法則は科学的に証明されているそうですが、やや根拠に乏しいので個人的におまじないだと捉えています。
そしてこの「引き寄せの法則」を使って、私はたくさんの夢のような経験をしました。
主にはライブやイベントのチケットに関してです。
ある大規模かつ競争率が高い公演があり、どうしても参加したくて「このライブに行く!○○(出演者)を目の前で見る!」と毎朝毎晩考え続けました。
すると、見事にチケットが当選。
さらにチケットを発券してみると、座席は前方ブロックだったんです。
いつもステージから離れた席だったので、衝撃的でした。
そして当日、指定座席に着いてライブを楽しんでいたところ、なんと出演者が乗ったトロッコが、私たちの目の前を通ったんです!
目の前で大好きな出演者が手を振りながら歌っている姿を見ていることが、今でも夢のようだと思います。
それ以来、なにか公演があるたびに引き寄せの法則を使っています。
そして、上記のような経験を何度もしました。
自分自身の運もあるでしょうが、叶う確率は80%とかなり高いので、これからもお世話になろうと思っています。